2010年04月03日

ピアノ発表会

いよいよ明日は入学式ですが、今日は夕方からピアノの発表会に行って来ました。小学生・中学生・高校生そして音大生による約4時間のコンサート。お馴染みの名曲が多く、出演者の意気込みが強く感じられました。聞いていて思いましたが、音大の子たちはバランスの取り方が上手です。また、それを成しうる指・筋肉のトレーニングの重要性を痛感しました。やはり“時間”をかけて練習をすることは大切です。
【関連する記事】
posted by seitokubrass at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

除幕式のファンファーレ

 今日から4月,新年度となりました晴れついこの間まで一緒だった高校三年生がいないのは寂しい限りですがふらふら新たなメンバーで歩むしかありませんexclamation×2 そんな4月1日,今日は年度最初の本番「除幕式」でした! 校名が本日より“聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校”となったので,校門のプレートも新しいものに。学園長夫妻をお招きしての除幕式で,吹奏楽部の金管メンバー(Tp,Hr,Tb,Tub)11名によって,高らかに“除幕式のファンファーレ”が演奏されましたるんるん 聖徳学園歌によるわずか4小節の新ファンファーレなのですが結構練習は大変で,発音・音型を合わせるのに思いのほか時間がかかりましたあせあせ(飛び散る汗)やはり日々の基本練習は大切ですね…。
posted by seitokubrass at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

第21回定期演奏終了!!

昨日(3/27)の吹奏楽部第21回定期演奏会は,好天晴れにも恵まれ1000人を超える方々のご来場を賜り,盛会裏に演奏会を行うことが出来ました。ご来場頂きました皆様に衷心より御礼申し上げます。
 第1部で演奏した5曲の中,1曲目の“貴族たちの行列”と3曲目の“ベルギー落下傘部隊の行進曲”の2曲は,今回の定期演奏会用のスペシャル・アレンジでしたが,編曲の完成が3月になってしまい練習は相当な突貫工事でした。それでも部員の頑張りのお蔭で上々のご好評を頂くことができました。ありがとうございます演劇。本校講師であり吹奏楽部・音楽科卒業生でもある竹内沙耶香さんをSaxのソリストにお招きした“ディヴェルティメント”は,昨年9月の音楽科定期演奏会の再演でした。すんなりゆくかと思われましたが,前日・当日のリハーサルではなかなかうまくゆかず,実は本日の開場直前まで合わせ練習が繰り返されましたあせあせ(飛び散る汗)。本番は今までで一番まとまった演奏であったように思いましたるんるん。第1部最後の“ウーマン・イン・ホワイト”は,昨年6月の「おたまじゃくしコンサート」でも演奏いたしましたが,今年最もハマった曲でした。アンケートでは大変好評でしたが,私としては「もっとこうしたい・ああしたい」という音楽的欲求を感じました。
 第2部は例年“ブラボー・ブラス!”で始めておりますが,何となくマンネリを感じ,今年は合唱(ヘイル・ホーリー・クィーン)で始めました。如何でしたでしょうexclamation&questionパート衣裳は部員の手作りです(…実はお母さんの活躍が!?)。選曲・プログラミングは殆ど私なのですが,とりわけこの第2部の練習は生徒が中心となって進められました。結果的に,生徒たちのヤル気を尊重した進め方が良いものが出来るように思います。“ディズニー・メドレー2010”の構成も(例年は私が口出しすることが多いのですが)生徒によるものでした。踊り子が一人何役も担当する場合があり「着替えとの勝負!」のリハーサル・本番でしたたらーっ(汗)。“故郷の空 in swing”は昨年の“およげ!たいやきくん in swing”に続く福田洋介先生編曲のswing jazz。大勢のソリストに最初PAを入れましたが本番では全て生演奏(PAなし)に致しました。生徒たちの実力を信じました。“ブラボー・ブラス!”の3年生チームはさすが!と思いました。やはり大切なのは練習ですね。続く“アメイジング・グレイス”は多くの方からご好評を頂きました。「合奏で演奏して欲しい」というご要望もあり,来年はティケリ編曲の合奏版を取り上げようかな,と思案中です。そして小塚先生熱唱の“宇宙戦艦ヤマト&銀河鉄道999”は「ジャパニーズ・グラフィティ」の楽譜をベースにした構成でしたが,アンケートで「スキャットを入れて欲しかった」とのご指摘を頂き,「あ~入れれば良かった!」と悔やみましたふらふら何で気が付かなかったんだろう…悔しい!
 さて第3部。今年はOGバンドではなく現役生徒&OGの合同バンドで臨みました。1曲目に演奏した“ボレロ”がアンケートでは段トツのご好評グッド(上向き矢印)。大変嬉しく思いました。普段全く楽器に触っていない卒業生にスネア・ドラムをやってもらったり,中学生にソロをやらせたり,聞いて下さった方には色々と御不安の向きもあったかも知れませんが,すべて私の指示です。どうぞご容赦の程を。終演後の反省会でも申し上げましたが,「音楽が好きな子,みんな一緒にやろうよ!」…それが今の私の気持ちです。2曲目の“We Are The World”は「いつかやりたい」と願っていた念願の曲でした。客席の皆様に ペンライトを振って頂き,ありがとうございます。さて,3曲目になり再び中高生の演奏となりましたが,「音の圧力が弱い!」と思いました。パワフルな音大卒業生が抜けた後のサウンドは正直ショックでした…。しかし,弱点の認識が進歩を促します。明日の方向を示唆してくれた卒業生の皆さんに感謝しますわーい(嬉しい顔)
 アンコールの“If we hold on together”では,高校3年生の紹介で不覚にも一瞬声がおかしくなってしまいましたふらふら…。18人とも,素晴らしい長所をもった“only one”です。どうぞ彼女たちに多くの幸いが訪れますようexclamation×23年間あるいは6年間,親御さんと家庭で過ごす時間時計より長い時間を過ごした私の心からの願いです。アンコールの2曲目は“Go ! West”で終わる,というパターンが多かったのですが,今年は“桜の栞”の合唱にしました。AKB48のこの曲の楽譜が私の手元に来たのは3月の上旬。頂いた楽譜を浄書し,四部合唱で歌いました黒ハート。私はピアノの譜めくりをしていましたが,みんなしっかり歌えたのかな?どうも涙声のように聞こえましたが。
 …かつてない,大変な長文になってしまいました。最後まで読んでくださった方,ありがとうございます揺れるハート
posted by seitokubrass at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

吹奏楽部第21回定期演奏会

聖徳中高吹奏楽部第21回定期演奏会
とき 平成22年3月27日(土) 午後2時開演

ところ 牛久市中央生涯学習センター文化ホール 入場無料

      ※牛久駅東口→会場ゆき 送迎無料バスバス

        12:55 13:05 13:15 13:25 13:35 13:45



【プログラム】 

《第1部》 貴族たちの行列(リムスキー=コルサコフ) シンフォニック・プレリュード(リード) ベルギー落下傘部隊の行進曲(レーマンス) ディヴェルティメント(ブートゥリー) ウーマン・イン・ホワイト(ウェッバー) 

《第2部》 ヘイル・ホーリー・クィーン(合唱) 故郷の空 in swing 情熱大陸 アメイジング・グレイス(合唱) 宇宙船艦ヤマト&銀河鉄道999 ディズニー・メドレー2010 

《第3部》 ボレロ(ラヴェル) We Are The World グラナダ リヴァーダンス

独奏(Alto Sax)…竹内沙耶香  独唱…小塚功  指揮…井後基博

皆様のご来場を心よりお待ちしております演劇
posted by seitokubrass at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

卒業生とバッタリ!

今日は保護者謝恩会でした。その帰り、柏から東武線に乗ったところ、トランペットの卒業生H川順ちゃんにバッタリ!卒業してもう17年、逞しく毎日暮らしているようで、頼もしく思いました。懐かしい名前を何人も聞きました。卒業生の皆さん、どうぞ幸多き人生を!
posted by seitokubrass at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。