2010年05月08日

玉井國太郎君のこと

私の高校時代の同級生で、吹奏楽部で一緒だった玉井國太郎君が亡くなった。享年50歳…だろうな。彼はサックス奏者兼指揮者だった。メチャ才能の豊かな生徒でピアノも作曲も達者だったが、音楽のみならず芸術全般に秀でていた。とてつもなく。やはり同級生でクラリネットだった多和田葉子さんとよく一緒にいた。彼女は早稲田に進学し、先年芥川賞を受賞したが、玉井君の才能はそれに勝るとも劣らないものだった。青土社刊行の月刊誌「ユリイカ」の現代詩コーナーで玉井君の作品・才能は激賞されていた。彼が中央大学に進学した後、数年間は色々付き合いがあったが、その後全く音信不通になったしまっていた。「きっと詩でも書き貯めているに違いない。詩集を出すとしたら青土社かな」と、時々チェックしていた。まさか訃報で彼の名前を見ることになろうとは。あまりに残念、ショックだった。合掌。
posted by seitokubrass at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

なにわ《オーケストラル》ウィンズ演奏会2010

 今日は錦糸町のすみだトリフォニーへ「なにわ《オーケストラル》ウィンズ2010」の東京公演に行ってきました。例年は池袋の東京芸術劇場なのですが,今年はホールが取れなかったのかしら? でも私は今日のすみだトリフォニーの響きの方が好きですね…今日は1階6列目という前よりだったのですが,とても聴き易かったです。部員も大勢来ていました。お母さんと一緒の子も結構居ましたね。皆どんな感想を持ったかしら。私にとって今日の圧巻は,いきなり最初にやってきました。第1部オープニングのトランペットの響き。これが一番印象的でした。アンコールで登場した読響指揮者下野さんには今年も脱帽。最後のボール拾い,今年は何と二個GET。頂いた色紙は音楽室に飾りましょうか。
posted by seitokubrass at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。